27-05-2007

賢明女子学院中学校-2006-1-2-10

問題

仕入れ値100円の品物1000個に,2割増しの定価をつけて売りました。ちょうど半分売れたあと,残りの品物を定価の1割引きで売りました。利益はいくらですか。

解答

 仕入れ値:定価
 10割 :(10+2)割=5:6

 定価 :残りの売り値
 10割:(10−1)割=10:9
比をそろえると,
 仕入れ値:定価:残りの売り値
   5 : 6
      10 : 9
 ──────────────
 <25> :<30>:<27>

100円が<25>にあたりますから,<1>あたりの金額は,
 100÷25=4円
定価で売ったときの利益は,
 4×(30−25)=20円
値引きしたときの利益は,
 4×(27−25)=8円
したがって,利益は,
 20×500+8×500=10000+4000
             =14000円


posted by banyanyan at 00:57 | 京都 | Comment(1) | TrackBack(0) | 売買損益 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのう、コメントしたかったの♪
あるいはここまで定価に受験したかったの♪
あるいはきのうbanyanyanで、品物をコメントしなかったよ。
Posted by BlogPetのばにい at 2007年05月27日 15:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。